論文誌

藤森立,須賀聖,山田悠司,井原史渡,高村大輝,林健,栗原聡,”ばねモデルを用いた交通信号機スプリット制御法”,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用(TOM),Vol.15,No.3,pp.38-52,2022

須賀聖,藤森立,山田悠司,井原史渡,高村大輝,林健,栗原聡,”群知能アルゴリズムによる交通情報補間システムの開発”,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用(TOM),Vol.15,No.3,pp.53-70,2022

Eichi Takaya, Yusuke Takeichi, Mamiko Ozaki, Satoshi Kurihara, “Sequential semi-supervised segmentation for serial electron microscopy image with small number of labels”, Journal of Neuroscience Methods. vol.351, doi:10.1016/j.jneumeth.2021.109066, 2021

Takeichi Yusuke, Uebi Tatsuya, Miyazaki Naoyuki, Murata Kazuyoshi, Yasuyama Kouji, Inoue Kanako, Suzaki Toshinobu, Kubo Hideo, Kajimura Naoko, Takano Jo, Omori Toshiaki, Yoshimura Ryoichi, Endo Yasuhisa, Hojo Masaru K., Takaya Eichi, Kurihara Satoshi, Tatsuta Kenta, Ozaki Koichi, Ozaki Mamiko, “Putative Neural Network Within an Olfactory Sensory Unit for Nestmate and Non-nestmate Discrimination in the Japanese Carpenter Ant: The Ultra-structures and Mathematical Simulation”, Frontiers in Cellular Neuroscience, vol.12, p.310, 2018

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡,”口コミに着目した情報拡散モデルの提案及びデマ情報拡散抑制手法の検証”,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用(TOM),vol.11,No.1,pp.21-36,2018

神辺圭一,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡,”共同利用施設における実験終了後の研究成果数予測”,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用(TOM),vol.11,No.1,pp.1-11,2018

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,風間一洋,野田五十樹,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡,”マルチエージェント型情報拡散モデルの提案”,人工知能学会論文誌, vol.31(1), NFC-C_1, pp.1 – 13, 2016

Yoshiyuki Okada, Keisuke Ikeda, Masayuki Numao, Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kousuke Shinoda, Kazuhiro Kazama, Itsuki Noda, Satoshi Kurihara, “SIR-Extended Information Diffusion Model of False Rumor and its Prevention Strategy for Twitter”, Journal of Advanced Computational Intelligence & Intelligent Informatics, vol.18, No.4, pp.598 – 607, 2014

国際会議

Komei Hiruta, Ryusuke Saito, Taro Hatakeyama, Atsushi Hashimoto, Satoshi Kurihara, “Conditional GAN for Small Datasets,” 24th IEEE International Symposium on Multimedia (ISM 2022), 2022.

Ryoya Watanabe, Daiki Takamura, Fumito Ihara, Naoki Wakabayashi, Takumi Sugiura, Daiki Kishimoto, Satoshi Kurihara, “Multi-agent Simulation Considering Human Travel and Mobility Network”, The 13th International Conference on Social Informatics(SocInfo2022), 2022.

Daiki Shimokawa, Naoto Yoshida, Shuzo Koyama, Satoshi Kurihara, “Proposal for automatic parameter learning method of agent activation spreading network by evolutionary computation”, 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB2022), 2022.

Satoshi Suga, Ryu Fujimori, Yuji Yamada, Daiki Takamura, Fumito Ihara, Ken Hayashi, Satoshi Kurihara, “Interpolation of Traffic Information Based on Swarm Intelligence”, 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB2022), 2022.

Ryu Fujimori, Satoshi Suga, Yuji Yamada, Daiki Takamura, Fumito Ihara, Ken Hayashi, Satoshi Kurihara, “A Dynamic Offset Control Method Based on a Multi-agent Model for Traffic Flow Facilitation”, 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB2022), 2022.

Yutaro Yamanaka, Seita Kayukawa, Hironobu Takagi, Yuichi Nagaoka, Yoshimune Hiratsuka, Satoshi Kurihara, “One-Shot Wayfinding Method for Blind People via OCR and Arrow Analysis with a 360-degree Smartphone Camera”, 18th EAI International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MobiQuitous 2021), 2021. [Outstanding Student Paper Award 受賞]

Yanan Wang, Jianming Wu, Jinfa Huang, Gen Hattori, Yasuhiro Takishima, Shinya Wada, Rui Kimura, Jie Chen, and Satoshi Kurihara, “LDNN: Linguistic Knowledge Injectable Deep Neural Network for Group Cohesiveness Understanding”, 22nd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI ’20), 2020.

Yanan Wang, Jianming Wu, Panikos Heracleous, Shinya Wada, Rui Kimura, and Satoshi Kurihara, “Implicit Knowledge Injectable Cross Attention Audiovisual Model for Group Emotion Recognition”, 22nd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI ’20), 2020.

Yutaro Yamanaka, Eichi Takaya, Satoshi Kurihara, “Tactile tile detection integrated with ground detection using an RGB-depth sensor”, 12th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2020), 2020. [paper]

Eichi Takaya, Yusuke Takeichi, Mamiko Ozaki, Satoshi Kurihara, “Neuronal Structure Segmentation in Serial Electron Microscopy Images Using Semi-Supervised Learning Framework”, 16th International Symposium on Biomedical Imaging (ISBI 2019), 2019.

Eichi Takaya, Yusuke Takeichi, Mamiko Ozaki, Satoshi Kurihara, “Semi-supervised Learning for Electron Microscopy Image Segmentation”, Thirty-Third AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-19), 2019.

Eichi Takaya, Rio Watanabe, Keisuke Ohno, Satoshi Kurihara, “Proposition of Autonomous Interactive Desk Environment”, Next Generation Human-Agent Interaction Workshop, 2018.

Yoji Kawano, Eichi Takaya, Kazuki Yamanobe, Satoshi Kurihara, “Automatic plot generation framework for scenario creation”, International Conference on Interactive Digital Storytelling, 2018.

Naoki Murata, Satoshi Suga, Eichi Takaya, Satoshi Ueno, Yoji Kiyota, Satoshi Kurihara, “Proposition of VR-MR Hybrid System for Sharing Living-in-room”, Half Day Workshop on Multimedia for Real Estate Tech at ACM ICMR, 2018.

Keiichi Shinbe, Kosuke Shinoda, Hirohiko Suwa, and Satoshi Kurihara, ”Evaluation of Experiment Station Potentials in the Shared Facility: Focus on the Combined Use of Stations”, The Tenth International Conference on Information, Process, and Knowledge Management(eKNOW 2018)

Kazuaki Tsuboi, Satoshi Suga, Satoshi Kurihara, “Hierarchical Pattern Mining Based On Swarm Intelligence”, The Genetic and Evolutionary Computation Conference (Late-breaking Abstracts), 2017.

Masahiko Osawa, Yuta Ashihara, Takuma Seno, Michita Imai, Satoshi Kurihara, “Accumulator Based Arbitration Model for both Supervised and Reinforcement Learning Inspiredby Prefrontal Cortex”, The 24th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2017)

Keisuke Ikeda, Takeshi Sakaki, Fujio Toriumi, Satoshi Kurihara, “An Examination of a Novel Information Diffusion Model: Considering of Twitter User and Twitter System Features”, International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, 2016.

Kazuaki Tsuboi, Kosuke Shinoda, Hirohiko Suwa, and Satoshi Kurihara, “Collective Intelligence-based Sequential Pattern Mining Approach for Marketing Data”, The 6th International Conference on Social Informatics, 2014.

Keisuke Ikeda, Yoshiyuki Okada, Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kazuhiro Kazama, Itsuki Noda, Kosuke Shinoda, Hirohiko Suwa, and Satoshi Kurihara, “Proposal of Multi-Agent Information Diffusion Model for Twitter”, International Conference on Web Intelligence, 2014.

Keisuke Ikeda, Yoshiyuki Okada, Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kazuhiro Kazama, Itsuki Noda, Kosuke Shinoda, Hirohiko Suwa, and Satoshi Kurihara, “Agent-based Information Diffusion Model : Simulation Model for False Rumor Diffusion Process”, The 6th International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents, 2014.

Namie Kato, Hirohiko Suwa, Toshizumi Ohta, Satoshi Kurihara, “User Survey on Introducing Social Networking Sites into Enterprises”, The Society of Instrument and Control Engineers Annual Conference, 2013.

国内会議

須賀聖,藤森立,山田悠司,井原史渡,高村大輝,林健,栗原聡,”フェロモンベース交通情報補間システムの提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

川村天,井原史渡,岸本大輝,栗原聡,”ソーシャルセンシングデータの変化を用いた新型コロナ感染拡大予兆検知”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

山田悠司,井原史渡,高村大輝,林健,藤森立,須賀聖,栗原聡,”歩行者横断を考慮する動的交通信号スプリット制御法の提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

高村大輝,藤森立,須賀聖,山田悠司,井原史渡,林健,栗原聡,”交通流円滑化を目的とした信号機オフセット制御法の提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

林健,藤森立,須賀聖,山田悠司,井原史渡,高村大輝,栗原聡,”交通流円滑化を目的とした信号機スプリット制御法の提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

日笠敬大,川野陽慈,須賀聖,栗原聡,”物語構造を用いたインタラクティブプロット生成システムの提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

小林伶央,吉田直人,田嶋沙和子,覚生悠生,加藤慶彦,栗原聡,”ユーザとのインタラクション及びリアクティブな行動選択を可能とするマルチエージェント型プランニングの提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

近藤雄也,吉田直人,小山宗三,下川大樹,加藤慶彦,栗原聡,”好奇心に基づく活性伝搬型マルチエージェントプランニングの提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

栗原聡,杉浦巧,”熟考と即応を両立させる知能アーキテクチャの実現に向けて”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

大崎湧也,加藤慶彦,山中優太朗,徳井太郎,栗原聡,”シーン情報を利用した物体検出法の提案”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

下川大樹,吉田直人,小山宗三,栗原聡,” 活性伝播型マルチエージェントプランニングにおけるエージェントの類似性に基づくパラメータ自動調整”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

蛭田興明,齋藤隆丞,畠山太郎,橋本敦史,栗原聡,”Conditional FastGANと色彩心理効果の活用による非言語的印象情報に基づく生成画像の制御”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

渡邊凌也,井原史渡,若林直希,杉浦巧,高村大輝,栗原聡,”感染症におけるネットワーク構造の集団免疫形成に与える影響”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

畠山太郎,齋藤隆丞,蛭田興明,橋本敦史,栗原聡,”条件付き敵対的生成ネットワークを使用した実写顔画像から漫画顔画像への変換”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

若林直希,杉浦巧,井原史渡,渡邊凌也,岸本大輝,日笠敬大,栗原聡,”人の行動変容を考慮したシミュレーションによるCOVID-19の感染拡大分析”,第36回人工知能学会全国大会,Jun.14~Jun.17,2022

渡邊凌也,若林直希,杉浦巧,井原史渡,岸本大輝,日笠敬大,川村天,栗原聡,”実データと人の移動特性を組み込んだCOVID-19感染シミュレーション”,第11回減災情報システム合同研究会(DRIS),Mar.29,2022

山中優太朗,栗原聡,”360度スマートフォンカメラを用いた公共施設における視覚障碍 者のための方向決定支援システム”,人工知能と知識処理研究会(SIG-AI)(WSSIT2022),Mar.12,2022

山田悠司,井原史渡,高村大輝,林健,藤森立,須賀聖,栗原聡,”歩行者交通の円滑化を目的としたスプリット制御手法の提案”,人工知能と知識処理研究会(SIG-AI)(WSSIT2022),Mar.12,2022

川村天,井原史渡,岸本大輝,栗原聡,”コロナ禍におけるTwitterや飲食店来店者数の変化による感染拡大予兆検知”,第43回社会におけるAI研究会(SIG-SAI)(WSSIT2022),Mar.11,2022

川野陽慈,日笠敬大,須賀聖,栗原聡,”物語構造を活用したプロット生成システムによる発想支援”,第206回知能システム研究会(SIG-ICS)(WSSIT2022),Mar.10,2022

近藤雄也,吉田直人,小山宗三,下川大樹,加藤慶彦,高屋英知,栗原聡,”マルチエージェントプランニングネットワークの自動生成”,第21回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会(SIG-DOCMAS)(WSSIT2022),Mar.9,2022

吉田直人,小林伶央,田嶋沙和子,覚井悠生,加藤慶彦,栗原聡,”ユーザとのインタラクションを可能とするリアクティブマルチエージェントプランニングの提案”,第21回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会(SIG-DOCMAS)(WSSIT2022),Mar.9,2022

小山宗三,吉田直人,加藤慶彦,高屋英知,栗原聡,”模倣学習の方策を利用したマルチエージェント協調学習手法の提案と評価”,第21回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会(SIG-DOCMAS)(WSSIT2022),Mar.9,2022

若林直希,杉浦巧,井原史渡,渡邊凌也,岸本大輝,日笠敬大,栗原聡,”マルチエージェントシミュレーションによるCOVID-19の感染拡大分析”,第21回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会(SIG-DOCMAS)(WSSIT2022),Mar.9,2022

大崎湧也,加藤慶彦,山中優太郎,徳井太郎,栗原聡,”シーン情報を活用した能動的探索による物体検出法の提案”,第125回知識ベースシステム研究会(SIG-KBS)(WSSIT2022),Mar.9,2022

畠山太郎,齋藤隆丞, 蛭田興明, 橋本敦史, 栗原聡,”条件付き敵対的生成ネットワークに対するGAN Inversionの適用による実写顔画像から漫画顔画像への変換手法の提案”,第125回知識ベースシステム研究会(SIG-KBS)(WSSIT2022),Mar.9,2022

齋藤隆丞,蛭田興明,畠山太郎,橋本敦史,栗原聡, “非言語的な印象情報に基づいたキャラクター生成の制御”,第125回知識ベースシステム研究会(SIG-KBS)(WSSIT2022),Mar.9,2022

須賀聖,藤森立,山田悠司,井原史渡,高村大輝,林健,栗原聡,”群知能アルゴリズムによる交通情報補間システムの開発”,第136回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Dec.13,2021

藤森立,須賀聖,山田悠司,井原史渡,高村大輝,林健,栗原聡,”ばねモデルを用いた交通信号機スプリット制御法”,第136回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Dec.13,2021

栗原聡,杉浦巧,渡邊凌也,若林直希,岸本大輝,川村天,井原史渡,吉田直人,”如何にして正確な感染者予測を可能とするシミュレーターが生まれたのか?”,第20回 データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会 (SIG-DOCMAS),Nov.27,2021

日笠敬大,川野陽慈,須賀聖,栗原聡,”発想支援における物語構造を利用したプロット生成システムの提案”,第6回コミック工学研究会発表会,Nov.21,2021

齋藤隆丞,蛭田興明,橋本敦史,栗原聡,”小規模データセットでも学習可能な条件付き敵対的生成ネットワーク”,第24回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2021),Nov.10~Nov.13,2021

加藤慶彦,平塚義宗,長岡雄一,栗原聡,”ロービジョン者の就労支援を目的とした新たな文書作成ソフトウェアの検討”,情報処理学会アクセシビリティ研究会 第16回研究会,Jul.16~Jul.17,2021

覚井悠生,蛭田興明,須賀聖,川野陽慈,高屋英知,加藤慶彦,栗原聡,”人の感情を反映したマルチモーダル対話システムモデルの提案”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

林健,井原史渡,山田悠司,藤森立,須賀聖,栗原聡,”車両種別を考慮したマルチエージェント動的信号機制御システムの提案と実装”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

須賀聖,林健,井原史渡,山田悠司,藤森立,栗原聡,”ACOアルゴリズムによる交通情報補間システムの提案”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

山田悠司,井原史渡,林健,藤森立,須賀聖,栗原聡,”歩行者溜まりの情報を考慮した交通信号スプリット制御システムの提案”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

日笠敬大,川野陽慈,栗原聡,”登場人物を考慮したプロット生成システムの提案”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

加藤慶彦,吉田直人,小山宗三,栗原聡,”経験情報に基づいた行動可否ネットワークの生成”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

栗原聡,井原史渡,岸本大輝,吉田直人,”人の行動モデルと感染ネットワーク構造に基づく感染拡散分析”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

蛭田興明,高屋英知,栗原聡,”合成波の原理を利用した多次元データ次元削減法の提案”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

田嶋沙和子,小山宗三,栗原聡,”他者の内部状態を考慮した行動選択ネットワーク”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

下川大樹,吉田直人,栗原聡,”動的で複雑な環境におけるエージェントの行動生成”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

岸本大輝,井原史渡,栗原聡,”新型コロナウイルスの感染状況に対するテレビ報道の特徴と報道変容の分析”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021 [2021年度人工知能学会全国大会優秀賞 受賞]

井原史渡,岸本大輝,栗原聡,”新型コロナウイルスに伴うTwitterの分析と感染状況との関連性”,第35回人工知能学会全国大会,Jun.8~Jun.11,2021

岸本大輝,井原史渡,栗原聡,”新型コロナウイルスの感染状況下におけるテレビ報道の特徴と報道変容の分析”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021

林健,井原史渡,山田悠司,藤森立,須賀聖,栗原聡,”マルチエージェントモデルによる車両種別を考慮した動的信号機制御システムの提案と実装”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021

山田悠司,井原史渡,林健,藤森立,須賀聖,栗原聡,”歩行者情報を考慮した動的信号機制御システムの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021

須賀聖,林健,井原史渡,山田悠司,藤森立,栗原聡,”群知能型交通情報補間システムの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021 [2020年度人工知能学会研究会優秀賞 受賞]

下川大樹,吉田直人,栗原聡,”動的環境下でのエージェント行動選択パラメータ自動学習法の提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021

田嶋沙和子,小山宗三,栗原聡,”他者の内部状態を反映したインタラクティブなエージェント行動選択手法の提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021

日笠敬大,川野陽慈,栗原聡,”物語展開を考慮した自動プロット生成手法の提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021

井原史渡,岸本大輝,栗原聡,新型コロナウイルスの感染状況に伴うTwitter上の変化,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.6~Mar.9,2021 [2020年度人工知能学会研究会優秀賞 受賞]

山中優太朗, 粥川青汰, 髙木啓伸, 長岡雄一, 平塚義宗, 栗原聡, “One-Shot Wayfinding System: 360度スマートフォンカメラと矢印分析を用いた視覚障碍者のための公共施設における方向決定支援システム”. インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS), Dec. 2020 [paper] [slide] [査読コメント]

川野陽慈,宇都宮悠輝,高屋英知,山野辺一記,栗原聡,”シナリオ自動生成のための映画脚本ストーリー展開構造分析とプロット生成”,第34回人工知能学会全国大会,Jun.9~Jun.12,2020

藤森立,大野啓介,神崎陽平,栗原聡,”マルチエージェント信号機自律分散制御法の提案”,第34回人工知能学会全国大会,Jun.9~Jun.12,2020

大野啓介,神崎陽平,高屋英知,栗原聡,”マルチエージェント動的信号機システムの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

山田悠司,藤森立、蛭田興明、栗原聡,”深層学習を利用した画像生成手法の白黒漫画線画キャラクター顔画像生成への適用可能性”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

蛭田興明,高屋英知,伊藤千輝,荒牧大樹,稲垣隆雄,山岸典生,栗原聡,”多次元時系列変数マルチチャネル変換画像分類における深層学習の適用”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

小山宗三,高屋英知,加藤慶彦,覚井悠生,栗原聡,”インタラクティブ性のある適応型行動選択ネットワークの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

藤森立,大野啓介,神崎陽平,栗原聡,”交通信号機広域制御におけるマルチエージェントモデルによる自己組織化オフセット制御手法”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

神崎陽平,大野啓介,栗原聡,”群知能アルゴリズムによる交通情報補間システムの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

吉田直人,高屋英知,加藤慶彦,栗原聡,”動的環境におけるマルチエージェントプランニングの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

齋藤隆丞,須賀聖、井原渉、栗原聡,”モバイルゲームにおける短期間行動ログに基づく新規ユーザーの課金額予測”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

山中優太朗,高屋英知,栗原聡,”RGB-Depthセンサーによる地面検出を用いた点字ブロック検出アルゴリズムの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

村田直樹,須賀聖,栗原聡,”コミュニケーション円滑化のための同室感共有システムの構築”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

川野陽慈,高屋英知,栗原聡,”矛盾塊自動生成手法の検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,開催中止,2020

神崎陽平,大野啓介,高屋英知,栗原聡,”Deep Q-Networkを用いたマルチエージェント交通信号制御システム”,第33回人工知能学会全国大会,Jun.4~Jun.7,2019

高屋英知,竹市裕介,尾崎まみこ,栗原聡,” 疑似ラベリングを用いた電子顕微鏡連続切片画像セグメンテーション手法の提案”,第33回人工知能学会全国大会,Jun.4~Jun.7,2019

蛭田興明,梁木俊冴,高屋英知,伊藤千輝,荒牧大樹,稲垣隆雄,山岸典生,栗原聡,”多変量時系列変数マルチチャネル変換画像分類における深層学習の適用”,第33回人工知能学会全国大会,Jun.4~Jun.7,2019

川野陽慈,佐藤季久恵高屋英知須賀聖山内和樹,栗原聡,”VRと脳波計測を用いたBGM推薦のための潜在感覚推定方法の提案”,第33回人工知能学会全国大会,Jun.4~Jun.7,2019

川野陽慈,宇都宮悠輝,高屋英知,山野辺一紀,立原祐樹,栗原聡,”物語生成のためのシナリオライター個性抽出に関する試み”,言語処理学会第25回年次大会,名古屋,Mar. 2019

山口想,梁木俊冴,高屋英知,高野雅典,森下壮一郎,山本悠二,福田鉄也,福田一郎,栗原聡,”映像のシーンに対応した視聴者の感情・印象抽出”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar,2019

佐藤季久恵,川野陽慈,高屋英知,須賀聖,山内和樹,栗原聡,”BGM推薦システム構築のためのVRと脳波計測を利用した潜在的感覚計測法の提案と評価”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar,2019

村田直樹,須賀聖,上野哲史,清田陽司,栗原聡,”VR/MR技術を用いた同室感を有する遠隔コミュニケーションシステムの提案”,第23回日本バーチャルリアリティ学会大会,Sep.19~Sep.21,2018

神崎陽平,大野啓介,高屋英知,栗原聡,”Deep Q-Network を用いたマルチエージェントによる交通信号制御システムの提案”,ネットワークが創発する知能研究会+ネットワーク生態学グループ 合同研究会,Aug.7~Aug.9,2018

高屋英知,竹市裕介,尾崎まみこ,栗原聡,”電子顕微鏡連続切片画像セグメンテーションにおける深層学習アーキテクチャ構築手法の検討”,ネットワークが創発する知能研究会+ネットワーク生態学グループ 合同研究会,Aug.7~Aug.9,2018

坪井一晃,須賀聖,金光博明,坂本圭司,栗原聡,”群知能メカニズムを用いた時系列階層型パタンの抽出手法の提案”,第118回数理モデル化と問題解決研究会,Jun.13~Jun.15,2018

佐藤季久恵,坂井栞,高屋英知,山内和樹,大矢隼士,栗原聡,”場の雰囲気を考慮した BGM 推薦システム構築の試み”,第32回人工知能学会全国大会,Jun.5~Jun.8,2018

大野啓介,高屋英知,松本洋,森田哲郎,栗原聡,”道路交通システムにおけるプローブ情報を用いた交通流予測手法の検討”,第32回人工知能学会全国大会,Jun.5~Jun.8,2018

神崎陽平,佐藤季久恵,高屋英知,小川亮,芦原佑太,栗原聡,”Deep Q-Network を用いたマルチエージェントによる交通信号制御システムの提案”,第32回人工知能学会全国大会,Jun.5~Jun.8,2018

坪井一晃,須賀聖,金光博明,坂本圭司,栗原聡,”群知能メカニズムを用いた時系列階層型パタン抽出法によるマーケティングデータ分析”,第32回人工知能学会全国大会,Jun.5~Jun.8,2018

高屋英知,竹市裕介,尾崎まみこ,栗原聡,”電子顕微鏡連続切片画像セグメンテーションにおける深層学習の利用に関する研究”,第32回人工知能学会全国大会,Jun.5~Jun.8,2018

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡,”実ネットワークを用いた情報拡散モデルの再現性及びデマ情報の拡散制御手法検証に関する報告”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

大野啓介,高屋英知,松本洋,森田哲郎,栗原聡,”道路交通システムにおけるプローブ情報を用いたリンク旅行時間予測手法の検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

坂井栞,髙屋英知,山内和樹,栗原聡,”雰囲気を反映したBGM推薦システムの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

加藤慶彦,栗原聡,”異種エージェント間における協調のための相互意図理解の研究”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

坪井一晃,須賀聖,栗原聡,”群知能メカニズムを用いた時系列階層型パタン抽出法によるマーケティ ングデータ解析”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

須賀聖,坪井一晃,栗原聡,”群知能における多段創発メカニズム構築手法の提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

髙橋良暢,佐藤聖也,栗原聡, 山川宏,”複数のニューラルネットワークの隠れ層出力に対する等価性構造抽出”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

高屋英知,竹市裕介,尾崎まみこ,栗原聡,”神経細胞セグメンテーションにおける深層畳み込みアーキテクチャの適用方法に関する検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

佐藤圭,池田圭佑,坂井栞,川野陽慈,高屋英知,栗原聡,山内和樹,大矢隼士,”ソーシャルメディアにおけるアクティブソーシャルセンシングを用いた楽曲視聴状況の抽出”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

川口正太郎,栗原聡,”Web上の株式推薦機能を用いた複雑ネットワーク分析による上場企業の安定度推定”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

川野陽慈,栗原聡,”シナリオ創発に向けたプロット生成に関する研究”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2018

須賀聖,坪井一晃,加藤慶彦,栗原聡,”群知能における多段創発メカニズム構築に関する一考察”,人工知能学会 合同研究会2017 第13回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会,Nov.25,2017

村田直樹,須賀聖,上野哲史,清田陽司,栗原聡,”仮想現実技術を利用した同質感共有システムの構築”,人工知能学会 合同研究会2017 第13回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会,Nov.25,2017

高屋英知,竹市裕介,尾崎まみこ,栗原聡,”神経細胞セグメンテーションにおける深層畳み込みニューラルネットワークの利用に関する実験的考察”,人工知能学会 合同研究会2017 第13回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会,Nov.25,2017

川口正太郎,梁木俊冴,池田圭佑,伊藤千輝,栗原聡,荒牧大樹,”センサーネットワークを利用したオープンオフィス利用状況の推定”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

齋藤晴紀,栗原聡,”ユーザからのフィードバックに適応するモバイル型デスクトップ作業支援システムの提案と実装”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

芦原佑太,大澤正彦,島田大樹,栗原聡, 今井倫太,”前頭前野のAccumulatorモデルを利用した,階層型脱抑制システムの提案”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

小川亮,坪井一晃,栗原聡,”群知能メカニズムによる交通制御システムの提案”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡,”災害時におけるデマ拡散のモデル化から得られた知見の報告”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

佐藤季久恵,高屋英知,小川亮,芦原佑太,栗原 聡,”Deep Q-Networkを用いた交通信号制御手法の提案”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

佐藤圭,池田圭佑,坂井栞,伊藤千輝,栗原聡,”ソーシャルセンシングを用いた能動的な地域密着イベント情報の抽出”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

栗原聡,高屋英知,髙橋良暢,芦原佑太,”汎用AI実現のための鍵となる自律性とマルチモーダル性についての考察”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

坪井一晃,須賀聖,栗原聡,”群知能メカニズムによる時系列階層パタン構造抽出法の提案”,第31回人工知能学会全国大会,May.23~May.26,2017

芦原佑太,大澤正彦,島田大樹,栗原聡,今井 倫太,”Accumulatorモデルを用いた,機械学習器の階層的な調停と強化学習への応用”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

坪井一晃,須賀聖,栗原聡,”群知能メカニズムによる時系列階層構造を有するパタンの抽出に関する検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

佐藤圭,池田圭佑,坂井栞,伊藤千輝,栗原聡,”ソーシャルセンシングによる能動的な地域密着イベント情報抽出手法の検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

梁木俊冴,加藤慶彦,池田圭佑,服部太一郎,樽本祐助,篠田孝祐,栗原聡,”サトウキビ育種家の新種選抜における知見抽出と年代毎の比較”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡,”複数情報源からの情報発信を考慮した情報拡散モデルの検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

王亜楠,栗原聡,”IoTを活用したインタラクティブ情報推薦システムの提案”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

佐藤季久恵,高屋英知,小川亮,芦原佑太,栗原聡,”交通信号制御へのDeep Q-Networkの適用”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

小川亮,坪井一晃,川野陽慈,栗原聡,”群知能型交通制御システムの提案と評価”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2017

梁木俊冴,池田圭佑,服部太一朗,樽本祐助,篠田孝祐,栗原聡,”生育評価データからのサトウキビ育種従事者の知見抽出と比較の試み”,人工知能学会 合同研究会2017 第11回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会,Nov.11,2016

坪井一晃,栗原聡,”ACO型時系列パターン抽出法を用いたマーケティングデータの可視化システムの構築”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016,Sep.15~Sep.16,2016

齋藤晴紀,栗原聡,”デスクトップ作業におけるインタラクティブ作業支援システムの開発”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016,Sep.15~Sep.16,2016

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡,”東日本大震災におけるデマ拡散の分析と拡散過程の可視化システムに関する報告”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016,Sep.15~Sep.16,2016

須賀聖,渡辺莉央,中村政義,板谷琴音,大澤正彦,荒川直哉,山川宏,栗原聡,高橋恒一,”特別デモ発表第二回全脳アーキテクチャ・ハッカソンについてー Life in Silico ver.2 の公開 ー”,第3回汎用人工知能研究会,Sep.12,2016

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡,”東日本大震災時のデマ情報拡散の分析”,ネットワークが創発する知能研究会,Aug.31~Sep.2,2016

齋藤晴紀,川口正太郎,篠田孝祐,栗原聡,”デスクトップ作業タスクの分類化とタスク予測に基づくアンビエントな作業支援システムの提案”,第184回知能システム研究会,Aug.5~Aug.6,2016

兒島賢三郎 栗原聡,”デスクトップ作業タスクの分類化とタスク予測に基づくアンビエントな作業支援システムの提案”,第30回人工知能学会全国大会,Jun.6~Jun.9,2016

伊藤千輝 篠田孝祐 小野良太 川村秀憲 栗原聡,”ソーシャルセンシングを用いた能動的イベント情報抽出手法の提案”,第30回人工知能学会全国大会,Jun.6~Jun.9,2016

池田圭佑 榊剛史 鳥海不二夫 栗原聡, “生活パタンを導入した情報拡散モデルにおける拡散再現性の考察”,第30回人工知能学会全国大会,Jun.6~Jun.9,2016

池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡,”情報拡散モデルにおける生活パタン導入による拡散再現性向上の検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2016

芦原佑太,栗原聡,佐藤聡,”DeepLearningにおける中間層の情報表現を利用した,物体の外観変化を予測する転移学習モデル”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2016

伊藤千輝,小野良太,川村秀憲,篠田孝祐,栗原聡,”ソーシャルセンシングにおける能動的アクセスを用いた地域密着イベント情報抽出”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2016

荻原拓也,篠田孝祐,栗原聡,”サトウキビ選抜過程における熟練育種家の暗黙知抽出に関する研究”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2016

兒島賢三郎,栗原聡,”アンビエントなデスクトップ作業支援システムの実装のためのタスクの分類化とタスク予測に基づくウィンドウと実物体のエージェント化メカニズムの構築”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2016

池田圭佑,岡田佳之,鳥海不二夫,榊剛史,風間一洋,野田五十樹,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡,”情報拡散とユーザーの地域情報の関連性”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015,Sep.30~Oct.2,2015

坪井一晃,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”Deep Collective Intelligence の構築へ向けた検討”,ネットワークが創発する知能研究会,Aug.19~Aug.21,2015

藤田真康, 諏訪博彦, 篠田孝祐, 栗原聡,”インタラクティブデスクトップ作業支援システム”AIDE”におけるウィンドウエージェントの構築と評価”,第29回人工知能学会全国大会,May.30~Jun.2,2015

高橋光紀, 篠田孝祐, 諏訪博彦, 栗原聡,”マルチエージェント信号制御メカニズムによるグリーンウェーブ制御法の提案と評価”,第29回人工知能学会全国大会,May.30~Jun.2,2015

坪井一晃, 篠田孝祐, 諏訪博彦, 栗原聡,”ACO型時系列パターン抽出法を用いたマーケティングデータの考察”,第29回人工知能学会全国大会,May.30~Jun.2,2015

池田圭佑, 岡田佳之, 鳥海不二夫, 榊剛史, 風間一洋, 野田五十樹, 諏訪博彦, 篠田孝祐, 栗原聡,”マルチエージェント型情報拡散モデル(AIDM)の妥当性の検証”,第29回人工知能学会全国大会,May.30~Jun.2,2015

楡井泰行, 篠田孝祐, 諏訪博彦, 清田陽司, 栗原聡, “ツイートタイムラインへの階層的クラウドソーシングの適用による住まい探しユーザの背景ニーズ理解”,第29回人工知能学会全国大会,May.30~Jun.2,2015

布施太章, 篠田孝祐, 諏訪博彦, 栗原聡,”マルチエージェントプランニングにおける動的協調形態共存メカニズムの提案”,第29回人工知能学会全国大会,May.30~Jun.2,2015

布施太章,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントプランニングにおける動的協調形態共存メカニズムの評価”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2015

池田圭佑,岡田佳之,鳥海不二夫,榊剛史,風間一洋, 野田五十樹,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡,”AIDMを用いたデマ情報拡散再現への試みと検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2015

楡井泰行,篠田孝祐,諏訪博彦,清田陽司,栗原聡,”ツイートタイムラインへの階層的クラウドソーシングの適用による住まい探しに関するツイートの抽出”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2015

坪井一晃,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”ACO型時系列パターン抽出法を用いたマーケティングデータの解析”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2015

高橋光紀,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェント信号制御メカニズムの提案と評価”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2015

藤田真康,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡,”インタラクティブデスクトップ作業支援システムにおけるウィンドウのエージェント化”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.1~Mar.4,2015

布施太章,篠田孝祐, 諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントプランニングにおける動的協調形態共存メカニズムに関する一考察 -artisocを用いた実装と評価-“,第21回社会情報システム学シンポジウム,Jan.22,2015

高橋光紀,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントモデルを用いた分散協調信号制御メカニズムの提案”,第21回社会情報システム学シンポジウム,Jan.22,2015

藤田真康,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡,”インタラクティブデスクトップ作業支援システムにおけるウィンドウ制御メカニズムの構築”,第21回社会情報システム学シンポジウム,Jan.22,2015

坪井一晃,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”群知能アプローチに基づく時系列パターンマイニング法による可視化についての考察”,第21回社会情報システム学シンポジウム,Jan.22,2015

池田 圭佑,岡田佳之,鳥海不二夫,榊剛史,風間一洋,野田五十樹,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントによるデマ情報拡散メカニズムのモデル:AIDM Agent-based Information Diffusion Model”,第21回社会情報システム学シンポジウム,Jan.22,2015

楡井泰行,篠田孝祐,諏訪博彦,清田陽司,栗原聡,”クラウドソーシングを用いたツイートからの住宅物件探索フェーズの推定”,第21回社会情報システム学シンポジウム,Jan.22,2015

伊藤千輝,篠田孝祐,諏訪博彦,小野良太,平田圭,川村秀憲,栗原聡,”地域密着型イベント情報サイト活用に関する事例と考察”,第21回社会情報システム学シンポジウム,Jan.22,2015

高橋光紀,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントモデルを用いた信号制御方法のシミュレーションによる評価”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014,Oct.27~Oct.29,2014

布施太章,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントプランニングにおける動的協調形態変更メカニズムの検討”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014,Oct.27~Oct.29,2014

藤田真康,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡,”インタラクティブデスクトップ作業支援システムAIDEおけるマルチエージェントによる制御メカニズムの提案”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014,Oct.27~Oct.29,2014

長田大樹,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”車と信号機の協調による効率的なナビゲーション手法の検討”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014,Oct.27~Oct.29,2014

楡井泰行,篠田孝祐,諏訪博彦,清田陽司,栗原聡,”ソーシャルメディアからの賃貸物件探索アカウント抽出”,第176回知能システム研究会,Jul.22~Jul.23,2014

高橋光紀,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントモデルによる信号制御シミュレーションの検討”,第176回知能システム研究会,Jul.22~Jul.23,2014

藤田真康,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェント協調メカニズムを用いたデスクワーク支援システム(AIDE)の構築”,第28回人工知能学会全国大会,May.12~May.15,2014

布施太章,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントプランニングにおける協調形態の変更メカニズムの検討”,第28回人工知能学会全国大会,May.12~May.15,2014

池田圭佑,岡田佳之,榊 剛史, 鳥海 不二夫,篠田孝祐,風間一洋,野田五十樹,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェント型情報拡散モデル(AIDM)の提案”,第28回人工知能学会全国大会,May.12~May.15,2014

坪井一晃,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”ACOに基づく階層型時系列パターンマイニング法の提案”,第28回人工知能学会全国大会,May.12~May.15,2014

藤田真康,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”AIDEにおけるデスクワークパターン抽出法の検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2014

布施太章,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントプランニングにおける協調形態の変更メカニズムの検討”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2014

池田圭佑,岡田佳之,榊 剛史, 鳥海 不二夫,篠田孝祐,風間一洋,野田五十樹,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”AIDMよるマルチバースト型デマ拡散の再現と考察”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2014

坪井一晃,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡,”ACO型時系列パタン抽出法の階層化”,社会システムと情報技術研究ウィーク,Mar.2~Mar.5,2014

布施太章,諏訪博彦,栗原聡,”環境の動的変化に応じて協調形態を柔軟に変化させるマルチエージェントプランニングの検討”,第173回知能システム研究会,Jan.23,2014

坪井一晃,諏訪博彦,栗原聡,”ACO型時系列パタン抽出法の提案と評価”,第173回知能システム研究会,Jan.23,2014

池田圭佑,岡田佳之,榊 剛史, 鳥海 不二夫,篠田孝祐,風間一洋,野田五十樹,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェント型拡張SIRモデルを用いた情報拡散シミュレーションの評価”,第173回知能システム研究会,Jan.23,2014

藤田真康,諏訪博彦,栗原聡,”Autonomous Interactive Desk Environmentの構築”,第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ,Dec.4~Dec.6,2013

池田圭佑,岡田佳之,榊 剛史, 鳥海 不二夫,篠田孝祐,風間一洋,野田五十樹,諏訪博彦,栗原聡,”ABMに基づく情報拡散シミュレーション,第172回知能システム研究会”,Nov.12,2013

池田圭佑,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントを用いた流言拡散モデルの提案”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2013,Sep.17~Sep.20,2013

坪井一晃,諏訪博彦,栗原聡,”マルチエージェントにおける協調ダイナミクスに関する研究”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2013,Sep.17~Sep.20,2013

藤田真康,諏訪博彦,栗原聡,”AIDE-Autonomous Interactive Desk Environment-“,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2013,Sep.17~Sep.20,2013

布施太章,諏訪博彦,栗原聡,”環境変化に応じたマルチエージェントの協調に関する研究”,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2013,Sep.17~Sep.20,2013